麻生専門学校グループ

80周年をお知らせするキャンペーンロゴが決定

2017.02.01

2019年、麻生塾は80周年を迎えます

 

最終選考の12のロゴ

麻生専門学校グループの創始者である麻生太賀吉が、志の高い若者へ教育を場を提供するため「麻生塾」を創立したのが1939年(昭和14年)。

現在、福岡を拠点に12の専門学校を運営する麻生塾は2019年におかげさまで80周年を迎えます。

これから数年間かけて、多くの方へ感謝の思いを伝えるにあたり、“80周年をお知らせするキャンペーンロゴ”を制作し、WEBサイトや印刷物、そして式典などで訴求していくこととなりました。

そして、麻生塾らしい試みではありますが、そのロゴのデザインを広く麻生塾の学生たちから募ることに。
麻生専門学校グループには約80の学科が存在し、その中でもロゴのデザインを学ぶようなデザイン&クリエイティブ系の学科は7学科ほどありますが、今回はそのような学部の枠を越えてさまざまな学部から100点近い作品の応募がありました。

その中から、デザイン系の教員を中心に、1次選考をし、全教職員に公開されたのが画像の12の候補案です。

 

 

社内で支持の高かった上位5作品を表彰

 

WEB投票

学生がデザインした候補の中から、実際に80周年のキャンペーンに使用するロゴを選ぶのは麻生塾で働く教職員。
社内のWEBサイト上に設けられた「特設ページ」から、自分たちの手で「80周年をお祝いする」ロゴをネット投票。
教職員たちは各学生のプレゼン資料にしっかり目を通し、パンフレットの表紙に掲載された場合などの見栄えを想定するなど、全員がプロの目線で大切な1票を投じました。

そして最終的に、投票結果の上位5作品が理事会で紹介され、すべての役員の満場一致で投票数1位の作品に決定。
 
見事、採用作品を手がけたのは、麻生建築&デザイン専門学校 ビジュアルデザイン科の池田雪乃さん。
「80」の二文字を12分割し、12パーツ=12色のカラーに仕上げたコンセプトが、グループ校の横のつながりを大切に感じている多くの教職員の心を掴んだようです。
(2017年現在、麻生専門学校グループには12校の専門学校があり、それぞれの学校にCI上の「学校カラー」が配されている)
 
結果としては上位5位の学生は日頃からデザインを学ぶ麻生建築&デザイン専門学校 ビジュアルデザイン科と、麻生情報ビジネス専門学校 北九州校 CGクリエータ科CGデザイン科の学生たち。
博多と小倉、校舎が離れていてなかなか交流の持てない彼らが、表彰式の際に初めて顔を合わせ、同じデザイナーの夢を持つ同士の会話の中に惜しくも選にもれた4名が揃って「この5作品なら断トツにこれだね」と採用作品に対してコメントしていたことが大変に印象的でした。
 
高い投票数を獲得してファイナリストに選ばれた5名の学生、今後もきっとデザイン業界で大きな活躍を遂げることでしょう。
 
さぁ、麻生塾の「80周年」のお知らせはここからがスタートです。
 
 
麻生建築&デザイン専門学校
http://www.asojuku.ac.jp/act/
麻生情報ビジネス専門学校 北九州校
http://www.asojuku.ac.jp/abkc/