麻生専門学校グループ

FD・SD活動とは

質の高い教育サービスによって、企業や社会が求める人材を育成し、社会に貢献する。それが私たちのミッションです。「この仕事に就きたい」「自分の夢を叶えたい」「社会に貢献したい」。そんな学生たちの目標を実現するため、教職員の成長支援を通じ、教育の質のさらなる向上を図っています。

業界のプロから教育のプロへ

教職員研修

  • FD
  • SD

教育力向上および教職員の質向上のため、麻生専門学校グループでは「教職員研修」を体系化しています。「麻生塾基本」「教育力」の2カテゴリーに分け、教職員のステージに応じた学びの場を設定しています。

インストラクショナルデザイン

  • FD

最も効率的で魅力的な授業方法を選択し、実行・評価・改善するためのシステム的なアプローチに関する方法論を学びます。

カウンセリング

  • FD

学生1人ひとりを理解し、信頼関係を築く上で必要となる、話し方や接し方の基本的ルール、傾聴の意義と技法、個別面談の心得を学びます。また、ロールプレイングによるケーススタディにて、カウンセリング応用力を高めます。

授業スキル

  • FD

授業映像を確認し合い、授業運営の気づきを共有します。授業力向上に向けて改善点を考え、実行するための計画を立てます。

発達障がい者の理解と対応

  • FD

発達障がいの認知特性、取り巻く環境、社会に出るまでに習得させるべきことを学びます。また、必要とされる合理的配慮・支援や対応の仕方について、ケースをもとに学びます。

情報セキュリティ

  • SD

情報セキュリティ規程の内容を理解するとともに、情報セキュリティに関する具体的な被害事例を知り、対策・方法について学びます。

ハラスメント

  • SD

過去に国内で起こったアカデミックハラスメントの事例をもとに、発生しがちなハラスメントについて理解するとともに、発生を防ぐ措置について学びます。また、麻生塾のハラスメントのガイドラインについて確認します。

コンプライアンス

  • SD

コンプライアンスが求められる背景・本質・重要性を理解し、業務と関連する法令、社会の倫理と社内ルールを守ることの意義を学びます。

学則・学内規程

  • SD

学則の法的な観点、意義、記載事項を確認し、留意点を学びます。また、生活指導、就職指導、成績評価などに関する、学則を基本とした各種学内規程について知識を深めます。

関連法規

  • SD

教育基本法、学校教育法、学校教育法施行規則、専修学校設置基準など、教育機関に勤めるものとして知っておくべき法令について学びます。

メンタルヘルス

  • SD

ストレス反応の特徴やストレスが及ぼす影響について学びます。また、職場におけるメンタルヘルスの重要性を認識するとともに、セルフケアやラインケアなどストレスへの対処法について学びます。

教職員向け就職研修

  • SD

就職指導のポイントはもちろん、三者面談などで保護者の方へも学生の目指す業界情報を提供できるよう、経済動向や各業界の就職動向などの研修を毎年実施しています。

  • 就職環境
    経済動向、雇用状況
  • 業界別/企業別採用試験動向
    採用手法の変化、 企業アプローチの変化
  • 学生の特性
    世代特性、職業観
  • 就職指導方法ポイント
    職業理解、業界・企業研究、自己PR・志望動機の作り方、採用面接などの指導方法について

授業アンケート・HRクラスアンケート

  • FD

半年ごとに、学生生活や授業の環境・指導について学生の意見を確認するため、アンケートを実施しています。アンケート結果は、より良い学校生活や授業運営をする為の貴重な改善資料としています。

教職員一人ひとりの夢実現を麻生塾が全面的支援

学び応援

  • SD

教職員の目標実現や成長実感に向け、麻生専門学校グループ全体が協力しサポートする体制を用意しています。
また、その姿勢を学内へ積極的に発信することで、個々の成長する意欲を上げていきます。

Case1

2007年 福祉系大学を卒業
2011年 麻生塾 入学相談室職員として入社
2014年 麻生医療福祉専門学校 福岡校の職員として勤務
2016年 言語聴覚士を目指し、某学校へ入学
学費の全面サポート
2018年 言語聴覚士試験 合格予定
試験合格後→ 勤務病院の斡旋予定、リハビリ校へ教員として登用予定
Case2

1996年 麻生塾へ公務員校教員として入社
2009年 麻生公務員専門学校 福岡校の学校責任者に就任
2013年 学内新規事業プランコンテストに入賞
2015年 MBA取得を目指し、九州大学ビジネス・スクールへ入学
学費の全面サポート
2017年 MBA取得/株式会社麻生キャリアサポートへ出向
Case3

1999年 麻生塾へ経営企画部職員として入社
数々の官公庁受託案件、学内保育園の立上げ等を担当
2014年 経営推進室 室長に就任
2015年 MBA取得を目指し、グロービス経営大学へ入学
学費の全面サポート
2016年 福岡地域戦略推進協議会(Fukuoka D.C.)へ出向
学ぶための勤務環境づくり

学生とともに学ぶ姿勢を

教職員海外研修

  • SD

GCB教育を学生へ伝えていくために、教職員自らが学生とともに学ぶ姿勢を持ち、グローバルな視点を養えるよう海外研修を行っています。これまで東南アジア各国で現地企業や教育機関の視察やディスカッションなどを実施し、学生への教育に反映しています。

海外研修事例

医療・観光シンガポール

訪問先
  • Tan Tock Seng Hospital(病院)
  • ニホンプレミアムクリニック(病院)
  • セントレジス・シンガポール(ホテル)
  • ラッフルズ・ホテル(ホテル)
参加者感想
医療先進国、観光大国としてのシンガポールはもちろんですが、活況な経済やグローバルな社会に危機感を感じました。世界的視野で日本の状況を客観的に学ぶ重要性を学生にも伝えていきたいです。

社会福祉インドネシア

訪問先
  • 児童養護施設 アビゲイル
  • バンドン社会福祉大学
  • 小規模障がい児療育施設 MILE STONE 他
参加者感想
現地施設で日本語教室を行いましたが、子どもたちの学ぶ意欲の高さを感じました。今後学生および教職員のグローバルな視点を養うためにも、今回の研修にて訪問した施設と継続的な交流を図っていきます。

美容インドネシア

訪問先
  • 現地大手美容室チェーン
  • JOHNNY ANDREAN
  • 日本人オーナーの美容室
  • shunji matsuo by HiSATO
  • HAIR SALON DICE
参加者感想
現地で働く日本人から、現地スタッフと共にインドネシアを盛り上げようという強い志を感じました。今後は美容業界が過渡期にある国内だけでなく、新たな市場となる海外にも目を向ける指導を行いたいと思います。

年1回の受験料支援で英語力を定期的に確認

TOEIC対策講座

  • SD

教職員向けにTOEICのスコア向上を目標に、レベル別のTOEIC対策講座を週3回実施しています。ネイティブの講師による授業で、ビジネス場面で必要な語彙力、リスニング力、リーディング力の基礎を身につけています。毎年約30名の教職員が、終業後の時間を活用して受講しています。

TOEIC受験支援制度
麻生専門学校グループでは、教職員のTOEIC受験料を年1回支援しています。定期的に受験することにより、自らの現在の英語力を常に意識して学習に取り組む姿勢を推進しています。
麻生の教育力