麻生専門学校グループ

学生の夢に最大限に寄り添った就職支援

麻生専門学校グループでは全校に各業界に精通した就職専任スタッフを配置しています。就職専任スタッフは、新規求人開拓も含めひと月に約1,000社の企業訪問を実施。企業と強い信頼関係を築くと同時に、学生の状況を知り尽くした担任教員と密に連携し、学生の希望と特長に合った就職を実現に導きます。担任教員と就職専任スタッフの連帯、そして企業との強いパートナーシップが本グループの高い就職率を支えています。

麻生専門学校グループが就職に強い理由。就職活動の不安を払拭する充実のサポート体制

麻生専門学校グループは1939(昭和14)年の創立以来、5万人以上の卒業生を社会へ送りだしてきました。80年近い歴史の中で培ってきた就職活動のノウハウこそが、本グループの就職力の強さのひとつ。就職活動の指導ノウハウをクラス担任へ提供し、クラス毎の就職活動のレベルアップを図る他、希望に応じて、企業、職種、地域ごとでの対策を学生に直接指導しています。

就活バックアップセミナー

希望者に対し、特定のテーマに沿って少人数で指導を実施しています。

  • 自己PRワークショップ
  • 表現力向上セミナー(マナー・印象アップ)
  • 表現力向上セミナー(アピール内容)
  • グループディスカッション対策 他

面接教室(希望者対象)

担任による面接指導とは別に面接試験で必要なマナーや立ち居振る舞い、要点の伝え方など一般的なものから、企業ごと、職種ごとの対策まで指導します。(キャリアコンサルタント資格を有するスタッフも在籍)

麻生専門学校グループオリジナル就職活動ガイドブック(全員)

5万人以上の就職活動支援を通して培った、就職活動ノウハウを1冊のテキストにまとめています。

企業から直接伺ったタイムリーな情報を担任と就職専任スタッフが週1回共有

毎週月曜日に就職年次の担任と就職専任スタッフが情報共有を行っています。就職専任スタッフが直接企業を訪問し、その週の新着求人票について企業の採用担当者から伺った内容はもちろん、社会全般の雇用動向や就職活動に関する情報、卒業生が企業内でどのような業務を担当し、やりがいを持って活躍しているか、また悩みながら成長しているかなども共有します。

情報共有の内容
  • 求人票の具体的な業務内容やローテーションの有無
  • 入社後の研修内容や、キャリアパス制度について
  • 受験に際して 必要となる(有利となる)資格
  • 企業が求めている人物像 など

夢の可能性を広げる就職サポート

企業ニーズに合致した学生を輩出し、企業からの信頼を積み重ねてきた私たちだからこそできる就職サポートがあります。インターンシップでは、学生の希望を反映した受け入れ企業を開拓するケースも。学内会社説明会は、毎年学内で数多く開催。費用面や精神面における学生の負担を大きく軽減しています。学内で採用試験、採用面接が行われる「学内選考会」も実施されるなど、就職に有利な環境が整っています。

年間900社超の企業が実施する

学内会社説明会・選考会

麻生専門学校グループでは、就職サポートシステムの一環として「学内会社説明会」を実施しています。企業の採用担当者をキャンパスに招き、麻生専門学校グループの学生のみを対象とした単独の説明会を開催します。
Point1
説明会だけではなく、筆記・面接などの採用試験まで学内で行われるケースも多く、就職活動にかかる費用を抑えることができます。
Point2
福岡にいながら、全国の企業の説明会・選考会に参加できるため就職先の選択肢が広がります。
Point3
卒業生の高い評価による麻生専門学校グループ限定枠の求人も有り、採用意欲の高い企業とのマッチングが可能となります。

就職に直結したプログラムで、学生の夢を後押し

インターンシップ制度

麻生専門学校グループのインターンシップ制度では、学生が自らインターンシップ先企業を選び、就職専任スタッフから企業へアプローチ。企業からインターンシップの受け入れが許可された後は、実習開始までに社会人マナー研修や、業界研究など実習先で必要とされる教育の仕上げを行い実習に臨みます。実習中には、担任が実習先まで訪問し、学生をサポート。さらに、実習後は企業の方からのアドバイスを含め、実習で明らかになった課題を、学内での学びに生かし、即戦力として通用するスキルを身につけて卒業します。憧れの企業でのインターンシップを希望して入学する学生も多く、就職にも直結するインターンシップで、毎年数多くの学生が、夢を叶えています。

インターンシップからの内定

入学後の授業や研修、業界研究を進める中で、スーパーパティシエのいる憧れの有名洋菓子店「リリエンベルグ」でのインターンシップを希望していたため、就職専任スタッフからお店に依頼し、二週間のインターンシップを行っていただきました。インターンシップ終了後、すぐに履歴書を提出し、熱意をアピール。インターンシップ中の働きが認められ、見事内定を獲得しました。

麻生外語観光&製菓専門学校 製菓パティシエ科
就職先 ウィーン菓子工房 リリエンベルグ

卒業後も継続するキャリア支援

卒業生の再就職支援

卒業時のファーストキャリアだけではなく、卒業生を対象にした転職、再就職の支援も行っています。企業からは新卒だけでなく既卒求人の相談もあり、在校生同様のサポートを実施します。

就職後の課題を共有し、「ずっと働く」を支援

卒業生訪問

麻生専門学校グループでは、就職専任スタッフが定期的に卒業生の就職先を訪問し、現況の確認や悩み、問題点の共有を行っています。長く働ける環境づくりを支援するだけでなく、人材へのニーズを把握し、在学生へのフィードバックも行っています。

麻生専門学校グループ卒業生の交流とキャリアアップを支援

校友会(同窓会)

麻生専門学校グループには、卒業生の同窓会組織として「校友会」があります。校友会では、卒業生の交流とキャリアアップの支援を目的として同窓会・総会の実施、また再就職の斡旋等を行っております。年齢や分野の枠を越えて交流が図れるため、毎年多数の卒業生が参加します。

麻生リハビリテーション大学校
同窓会組織「三樹会」(校友会活動)

第1期卒業生が命名し、立ち上げた校友会組織。卒業生と在校生、教員の交流の場として、また学校と臨床現場の情報交換の場として活きた学びをサポートしています。 年1回の総会では、卒業生と在校生の座談会も実施し、「仕事の魅力」や「現場での体験」、臨床実習前へのアドバイスを卒業生より受けています。

校友会で卒業生から「もっと専門的な内容を学びたい」と相談を受けたことをきっかけに、月1回の自主的な勉強会を始めました。勉強会を通して、卒業生とともに事例検討、意見交換を行い、専門性を高めています。

木村 孝先生

世代を超えて幅広く支援

入学支援金制度

麻生専門学校グループでは、卒業生のお子様や兄妹、また在校生の兄妹の専門学校進学を支援するため、校友会の協力も得て2つの支援金を整備しています。この制度を利用して2017年度は約180名の学生が入学しました。

2つの支援制度

  • 校友会(同窓会)入学支援金
    父母の方が福岡キャンパス5校の卒業生である入学者を対象に20万円を支給
  • 兄弟姉妹・親子入学支援金
    兄弟姉妹または父母の方が麻生専門学校グループ12校の在校生または卒業生である入学者を対象に5万円支給