麻生専門学校グループ 専門学校 麻生リハビリテーション大学校

言語聴覚学科<昼間部:3年課程/昼夜間部・2年課程>

PT 言語聴覚学科 <昼間部:3年課程/昼夜間部:2年課程>

  • TOP
  • 言語聴覚学科

経験豊かな教員による学生個々との丁寧な関わりと、
アットホームで学年を越えた強いつながりが特長。

言語聴覚学科とは

言語聴覚士はST(Speech Language Hearing Therapist)
と略称され、病気や加齢、生まれつきの障害などによって、
会話や発声・食事などがうまくできない人に対して、
機能の回復や維持・向上を図るアドバイスや
訓練を行う専門家です。
本学科では3年間(昼間部)または2年間(昼夜間部)で、
患者様の症状に合わせた適切なコミュニケーションを
とりながら、気持ちを汲み取る洞察力と、
病気やそれに対する治療や検査、訓練法など言語聴覚士に
必要な高い専門スキルを身につけます。

目指す就職先

  • リハビリテーションセンター
  • 総合病院・一般病院
  • 障害者福祉センター
  • 介護老人保健施設
  • 重症心身障害児施設
  • 難聴幼児通園施設
  • 聴覚・言語障害者更生施設
  • 特別支援学校 ほか

4つの学びの特色

1九州唯一の学習スタイル
高卒資格で目指せる3年課程と大卒者等対象の2年課程。
九州唯一の学習スタイルで国家試験合格に向け
力をつけていきます。
2学習サポート
一人ひとりの学習理解度を把握し、個別指導を展開。
勉強方法やレポートの書き方の
指導も手厚くサポートします。
3合格実績
1年次から国家試験を見据えた学習を積み重ね、
万全の対策と徹底したサポートで
高い合格実績を実現します。

資格実績

4現場実習
ASOでは幅広い分野の実習先と連携し、
学びが深まる成長実感型実習を実践しています。
セラピストを目指す上で必要不可欠な現場実習だからこそ
100を超える麻生グループ施設はもちろん、
希望分野に応じた病院・施設での実習をサポートします。

詳しくはこちら

言語聴覚学科が選ばれる理由

山下 慶三先生
教員の質と手厚いサポート体制で、セラピストとしての
専門知識と技術はもちろん、社会人としての基礎力も育成しています。

灘吉 享子先生

聞く、話すなどのコミュニケーション障害や食事の障害を対象にする言語聴覚士は、人間の尊厳(人間が人間らしくあること)に深く関わる仕事です。自らの考えや訴えを、うまく伝えることのできない方々の気持ちや困難さを汲み取るためには、深い洞察力が求められます。この洞察力を支えるのは、高い専門的知識や技術です。ASOでは全教員が臨床の場を持ち、新しい知識や技術を臨場感をもって教育に活かしています。また、実技演習やグループワークを多く取り入れることで学生は、「探究心を持つこと」「理解する楽しさ」「原因探究の意味」を体得し、成長していきます。入学時は、学習の習慣が身についていない学生もおり、勉強方法から指導し、学ぶ楽しさを教えます。また、社会人として、行動や物事に真摯に向き合う姿勢も育みます。学生に寄り添い、豊かな人間性を持つ一人前のセラピストへと根気強く教育していきます。

言語聴覚士 必要なのは豊かな人間性と確かな知性。

勉強方法も丁寧に指導

勉強方法も丁寧に指導

長年の教育経験で培ってきたノウハウで学生に寄り添った指導を展開。使用教材、勉強の進め方、暗記のテクニックなど、具体的なアドバイスを行い、国家試験全員合格を目指します。

臨場感あふれる授業

臨場感あふれる授業

現役言語聴覚士の教員が、教科書だけでは分からない、現場で求められる知識や技術を伝えます。実技演習やグループワークを取り入れた臨場感あふれる授業が理解をより深めます。

ピックアップカリキュラム

嚥下障害

嚥下障害

摂食嚥下障害(食べること・飲み込むことの障害)を持つ方の困難さを理解し、原因、状態から臨床仮説をたて、支援する流れを学びます。検査は観察と測定を同時に行うことであり、手技のみでは情報を得ることができないということを念頭に置き、反復した練習を行います。

運動障害性構音障害

運動障害性構音障害

専門家として必要なコミュニケーション態度を築き、運動障害性構音障害(ろれつが回らないなど、神経・筋系の病気による発声発語運動の障害)についての基礎的な知識を学びます。また、その知識を診断・治療に活かしていくことができるよう、検査や訓練の実技も行います。

高次脳機能障害

高次脳機能障害

高次脳機能障害(脳の損傷による記憶などの認知障害)について、基礎知識の習得はもちろん、各種検査法や症例検討などを通し、評価・治療・診断について理解できるよう学習します。現場の言語聴覚士から、高次脳機能障害の実際について学ぶなど、臨床を意識した授業を行います。

ASOの言語聴覚学科は
2つの課程から選べます

自分のスタイルに合わせて学べる

  • 昼間部(3年課程)
  • 昼夜間部(2年課程)
昼間部
昼間部のポイント
point1
短期集中でセラピストを目指す
point2
1年分の学費支払期間を抑えられる
point3
専門実践教育訓練給付金対象講座
短期集中カリキュラムを導入

早期キャリアアップが可能
目標と目指す将来像
1年次
飯塚病院見学や1日見学実習、また言語聴覚障害を持った方を招いた授業で医療人としての志を養い、医療職のイメージを固めていく。
2年次
専門知識や技術の大半を2年次で学び、国家試験・実習に向けた万全の体制を整えていく。また、3週間の評価実習を経験し、「自分で考え行動する力」と「コミュニケーション能力」を身につけていく。
3年次
臨床実習を経験し、知識や技術、コミュニケーション能力をさらに高め、言語聴覚役割について現場で学んでいく。国家試験合格を達成し、希望する就職を実現する。
卒業後の人材像

言語聴覚障害を持った方々に、本気で役に立つという志を持ち、それを支える知識、技術、コミュニケーション能力を磨き続ける粘り強さを持つ言語聴覚士。

実践力を高めるカリキュラム
1年次
基礎分野
GCBⅠ・Ⅱ芸術学社会福祉学統計学情報処理英語Ⅰ英語表現医学英語保健体育(実技)保健体育(理論)
専門基礎分野
解剖学解剖学演習生理学生理学演習病理学精神医学耳鼻咽喉科学臨床神経科学形成外科学臨床歯科医学・口腔外科学呼吸発声発語系医学聴覚系医学神経系医学心理学生涯発達心理学の理論生涯発達心理学の演習
専門分野
言語聴覚臨床の基本失語高次脳機能障害の理解総論知的障害・脳性麻痺・後天性障害の理解
選択必修
臨床技術学Ⅰ地域リハビリテーション論
2年次
基礎分野
障害児教育学医学論文
専門基礎分野
医学総論内科学(老年医学含む)小児科学リハビリテーション医学・一般臨床医学臨床心理学学習認知心理学の理論学習認知心理学の演習心理測定法リハビリテーション概論
専門分野
言語聴覚療法の評価・診断高次脳機能障害の理解高次脳機能障害の展開脳性麻痺・後天性障害の展開ASD・ADHDの展開LD・SLI・環境要因の展開音声障害の理解と展開機能性構音障害の理解と展開知的障害の展開
選択必修
画像診断学臨床技術学Ⅱ
  • ◎評価実習
3年次
専門基礎分野
応用言語学社会保障制度(関係法規含む)
専門分野
地域言語聴覚療法言語聴覚マネジメントと研究法拡大代替コミュニケーション学補聴器人工内耳
選択必修
臨床技術学Ⅲ・Ⅳ
  • ◎臨床実習Ⅰ・Ⅱ
  • ◎国家試験対策

※大学等で既に履修した科目で、本校の履修科目と共通するものは履修済科目として単位を認定する場合があります。
(但し、シラバスの認定に関わる資料が必要となります)

スケジュール例
時間割1年生前期
3年課程(昼間部)時間割

※参考例:時間割は変更する事がございます。

昼夜間部
昼夜間部のポイント
point1
2年間で国家資格取得が可能
point2
ライフスタイルを崩さず学ぶ
point3
既存学科のノウハウを踏襲
九州初となる新学科

ASO独自の育成メソッドを実施
目標と目指す将来像
1年次
大学等で学んだ知識を土台として言語聴覚士として活躍していくために必要な専門知識や技術を身につけていく。
2年次
臨床実習を通して、多角的な視点で言語聴覚士の活動を理解する。国家試験合格を達成し、希望する就職を実現する。
卒業後の人材像

言語聴覚障害を持った方々に、本気で役に立つという志を持ち、それを支える知識、技術、コミュニケーション能力を磨き続ける粘り強さを持つ言語聴覚士。

実践力を高めるカリキュラム
1年次
専門基礎分野
解剖生理学病理学内科学系(内科学・小児科学)精神医学系(精神医学・老年医学)リハビリテーション医学外科学系(耳鼻咽喉科学・形成外科学)臨床神経科学臨床歯科医学・口腔外科学呼吸発声発語系医学聴覚系医学神経系医学生涯発達心理
専門分野
言語聴覚臨床の基礎言語聴覚療法の評価診断地域言語聴覚療法失語症・高次脳機能障害の理解失語症・高次脳機能障害の展開失語症の理解高次脳機能障害の理解
選択必修
GCB
  • ◎臨床実習Ⅰ
2年次
専門基礎分野
医学総論臨床心理学心理測定法社会保障制度・関係法規
専門分野
言語聴覚マネジメントと研究法失語症の展開高次脳機能障害の展開脳性麻痺・後天性障害の展開ASD・ADHDの展開吃音の理解と展開LD・SLI・環境要因の展開音声障害の理解と展開器質性構音障害の理解と展開摂食嚥下障害の展開発声発語・嚥下障害の検査拡大・代替コミュニケーション手段小児聴覚障害の支援成人聴覚障害の支援
選択必修
GCB
  • ◎臨床実習Ⅱ・Ⅲ
  • ◎国家試験対策

※大学等で既に履修した科目で、本校の履修科目と共通するものは履修済科目として単位を認定する場合があります。
(但し、シラバスの認定に関わる資料が必要となります)

スケジュール例
時間割1年生前期
2年課程(昼夜間部)時間割

※参考例:時間割は変更する事がございます。

※土曜日は昼間帯の講義となります。

資格実績とサポート

合格実績

ASOが誇る国家試験合格に向けた万全対策

国家試験までのステップ
ASOは合格まで全力サポート!!

もしも国家試験に合格できなくても、ASOなら安心。卒業後も在学時同様の徹底サポートで確実な合格を目指すことができます。

support1
卒業後も定期的に面談を実施
support2
在学時同様の国家試験対策を受講可能

※必要な費用は国家試験対策模擬受験料など、実費のみとなります。

合格への道のり

教員紹介

全員が最新の医療現場を知り尽くした
現役セラピスト!!

歴史と実績あるASOだからこそ実現した専門性の高い教員陣。医療現場の最前線で活躍するセラピストたちが的確かつ細やかな指導で学生の力を最大限に引き出し、無限の可能性を広げます。

三田 智巳先生

三田 智巳先生

永江 信吾先生

永江 信吾先生

福島 志津先生

福島 志津先生

八木 智大先生

八木 智大先生

灘吉 享子先生

灘吉 享子先生

星子 隆裕先生

星子 隆裕先生

小川 春美先生

小川 春美先生

髙津原 直樹先生

髙津原 直樹先生

充実した教育環境

伝統と実績あるASOでは、最前線のグループ機関と
連携し、現場で求められる知識や技術を身につける
環境が整っています。

充実した教育環境

多様な医療機関や100を超える福祉施設・事業所を持つ麻生グループでは、現場実習を通して学生を育成する教育連携に取り組み、学内で身につけた知識を、実習を通してより高度な実践力へと成長させています。

グループ連携施設
  • 株式会社麻生 飯塚病院
  • 麻生医療福祉専門学校 福岡校付属保育園
    はぐみらい保育園
その他麻生グループ
  • 博愛会 京都病院
  • 博愛会 頴田病院
  • 麻生介護サービス(株)