麻生専門学校グループ ASOポップカルチャー専門学校

アニメ分野

  • 3年制ゲーム・CG・アニメ科 アニメコース

世界でも認められる
日本アニメ制作の現場へ。

日本が誇るアニメ文化の継承者を育成すべく、業界最前線の設備を揃え、画力はもちろん、演出・表現方法に至るまで徹底指導。即戦力となる人材を目指します。

応用力+専門技術
「様々な職種の基本技術の習得」と「やりたい事をとことん追求」を両立

ASOではアニメに関連する幅広い技術を基礎として学んだ上で目指す職種の専門的技術をとことん追求するという2段階のカリキュラムを採用。今後業界で必須となるデジタル技術も、専門の機材を使い実践的に指導します。
業界の変化に対応できる応用力の育成が、多くの卒業生がプロとして活躍できる秘訣です。

  • TOP
  • アニメ分野

学びの特色

1プロのアニメーターによる
実践的な指導

専門性を重視した実践ベースのカリキュラムで、基礎から応用まで段階的にステップアップします。

2スタジオ形式の実践的な設備環境

機材、設備は実際にアニメーション制作会社で使われているものを使用。教室=アニメスタジオという環境だからこそ可能な実践的な指導を行います。

3有名企業との連携で
業界動向を即座に反映

業界の第一線で活躍するプロのクリエイターを招いた特別授業を実施。今、現場で求められている生きた技術を反映した授業を行います。

4アニメ制作で企画から編集まで
一連の流れを体験

TOPICS

アニメ分野で学べる
「学びのレシピ」を公開中!

アニメ分野で「どんなことを学び」「どんな技術が身につくのか」文字や写真だけでなく動画を使ってご紹介しています。

詳しくはこちら

即戦力のスキルを磨く、
超実践カリキュラム

3年制(アニメーション作画基礎~
応用+作品企画〜作品制作)

1年次
アニメ制作の基礎となる技術を徹底的に学び、基礎力を身につける

専門科目

業界研究Ⅰ・Ⅱ
業界の構造や作品制作のワークフローを学習します。
デジタルツール基礎Ⅰ・Ⅱ
アニメーションを作成する上で基礎となるソフトウェアの操作方法を学習します。
デッサン演習基礎Ⅰ・Ⅱ
描画スキルの基本となる観察力や捉える力を養います。
アニメーション空間表現Ⅰ・Ⅱ
アニメーションによる空間表現方法や構図技法から、アニメーション編集を学びます。
キャラクター表現Ⅰ・Ⅱ
キャラクターの感情や性格を設定し、手先の表現に至るまでを研究し追求します。
アニメーション表現
アニメーション独自の表現方法や描画技術を学びます。
アニメーション基礎Ⅰ
アニメーションの手描き制作を学び、また実践することで制作技術を学びます。
色彩技法
アニメーション技術で必要な色彩の基本知識や配色知識を学びます。

教養

GCBⅠ
グローバルに活躍できる人材を目指し、「感謝と思いやり」というテーマを中心に学習します。
2年次
身につけた基礎力を基に作品制作に取り組み、技術を高める

専門科目

デジタルツール応用Ⅰ・Ⅱ
アニメーションを作成するソフトウェアの応用方法や応用スキルを学習します。
デッサン演習応用Ⅰ・Ⅱ
立体把握の基本となる観察力や捉える力を養います。
キャラクターデザインⅠ・Ⅱ
オリジナルキャラクターを作成し、アニメーションの設定、動きを作成します。
アニメーション応用Ⅰ・Ⅱ
高度な作画技法を学びアニメーション制作に応用できる能力を学びます。
作品制作A Ⅰ・Ⅱ
アニメーション作品の制作を行います。
作品制作B Ⅰ・Ⅱ
グループでのアニメーション作品の制作を行います。

教養

キャリアデザインⅠ・Ⅱ
次年度の就職活動を見据えた業界研究・書類作成などを行います。
GCBⅡ
グローバルに活躍できる人材を目指し、「志を立てる」というテーマを中心に学習します。
3年次
就職を見据えた作品制作を通じてアニメ制作会社への就職を目指す

専門科目

デジタルツール演習Ⅰ・Ⅱ
アニメーションを作成するソフトウェアの実践方法や業界で役に立つ実践スキルを学習します。
ポートフォリオⅠ・Ⅱ
就職活動を意識した作品集の制作を行います。
卒業制作Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
3年生の集大成として各自でテーマを設定し、グループ・個人での制作を行います。
実践技術研究Ⅰ・Ⅱ
現場で活躍されるアニメーターから、業界で必要とされる技術を学びます。

教養

就職実務
就職活動に必要な面接対策・作品集対策などを学習します。

※カリキュラムは変更になる可能性があります。

Pick up カリキュラム

アニメーション基礎

アニメーションの手描き制作を実践的に学ぶ授業です。キャラクターが動く仕組みなどを学びながら、基礎を固めていきます。

アニメーション応用

より高度な作画技法としてレイアウトやカメラワークを使用したテクニックを学びます。併せて全体の構成として色を置いたときのイメージ画を作成していきます。

作品制作A(個人制作)

学生が一人で、企画からストーリー構成、キャラクターデザイン、絵コンテ起こし、レイアウト作画などを行い、アニメーション作品制作の一連の流れを学びます。

作品制作B(グループ制作)

企画制作を通して一人ひとりが作品に携わる意識を持ち、全員で最後まで作品を完成させることを目的とした授業です。

デジタルツール基礎

アニメーション制作で基礎となるソフトウェアの操作方法を学びます。作品制作を通して実践的にデジタル技術を習得します。

デジタルツール応用

アニメーション業界での使用率も高いCLIP STUDIO PAINTや世界トップシェアを誇るWacom製液晶タブレットなどのグラフィックツールの操作技術を習得します。

キャラクター表現

生み出したキャラクターに命を吹き込んでいく授業です。キャラの感情や性格を設定し、指先など細部に至るまで表現手法を学びます。

実践技術研究

現場で活躍しているアニメーターが直接指導。業界最先端の技術や必要とされる技術を学びます。身につけた実践力や応用力が希望の就職へつながります。

時間割

スケジュール例

※時間割は学年や前期・後期によって異なります。
※自主学習=自由に作品制作に取り組める時間で
とことん作品作りに打ち込めます。(希望制)

アニメ制作会社で評価される、
トップアニメーターを目指そう!
アニメ専攻では、業界の誰からも認められるトップアニメーターになるために、業界で使われている環境・設備をとことん活用し、作品制作をしながら大手アニメ制作会社への就職を目指します。

分野TOPICS

アニメ企業特別講義

超ロングランヒットを続けているアニメーション映画『プロメア』の制作で有名な株式会社トリガーの世界的に有名な今石洋之監督はじめ現役クリエイターの方々よりご指導をいただきました。業界で活躍するための心構えや技術面でのアドバイスをいただけるのはもちろん、自分の作品に対するアドバイスをいただくこともできます。

スタジオジブリ講演会を開催

日本を代表するアニメ制作会社・スタジオジブリの広報部部長を招き、アニメ制作にまつわるエピソードやアニメ業界の情報など、貴重な話を聞くことができる講演会を開催。学生にとって業界の“今”を知る刺激的な機会です。

ASOキャンパスコレクション

麻生専門学校グループの福岡キャンパスをキャラクター化するプロジェクトを行っています。企画からキャラクター設定、イラスト制作、冊子の出版まで、企業が取り組むようなプロジェクトを疑似体験し、業界の仕事の流れをつかみます。

講師紹介

岩村 剛士先生

担当科目/
アニメーション基礎演習
アニメーション応用
ポートフォリオ制作 など

岩村 剛士先生

前職/アニメーター

岩村先生から
業界を目指すキミへ!
アニメ業界の醍醐味は、自分の描いた絵がテレビやスクリーンを通して動き、多くの人に感動を届けられること。なかなか自分の好きなものを描くことができないなど、厳しい業界ではありますが、自分の名前が最後のクレジットに表記され、ネットで配信されたりDVDになったりと魅力あふれる仕事です。
絵が好きで描き続けてきた人、入学してイチから頑張る人とスタートはそれぞれですが、貪欲に様々なことに挑戦するバイタリティが必要。クオリティ高く安定した絵を描けるトップクリエイターになるんだというガッツを持ち、将来を見据えて絵を描くなど“今”できることから始めましょう。

目指せる資格・コンテスト

  • 色彩検定
  • 各種コンテスト
  • など

目指す職業

  • アニメーター(作画)
  • 撮影(コンポジター)
  • デジタルペインター
  • 制作進行

など

就職実績

入学から卒業までの成長の軌跡

  • 1年次

    1年次はシンプルなデザインのキャラクターを
    動かし、基礎を身につける

    目標と目指す将来像

    デッサンなどの基礎を学び
    原画・動画制作に挑戦する
    キャラクターの様々なポーズの表現方法を学びながら、各シーン・カットを作成します。絵が自然と動くように制作を進め、アニメの基本を身につけます。
  • 2年次

    2年次では絵コンテやレイアウト、
    彩色の技術を学び作品づくりに取り組む

    目標と目指す将来像

    短編アニメの制作を通じ
    実践的な表現方法を学ぶ
    アニメーションに必要な物理的な動きや、現実世界と差異のない表現方法を学び、短編アニメーションの制作を通じて実践的なスキルを磨きます。
  • 卒業年次作品

    3年次は映像処理などの技術を習得。
    より本格的なアニメ制作に挑戦

    目標と目指す将来像

    プロのアドバイスを受け
    さらなるステップアップ
    アニメ制作会社のバックアップを受けてプロの現場からのアドバイスをもらい、アニメーターとして業界から求められる多様な表現方法を身につけます。

学生作品