専門学校 麻生看護大学校

看護科

<3年課程 男女60名>

  • TOP
  • 看護科

3つの学びの特色

1質の高い実習環境
カリキュラムの1/3を占める臨地実習は、全ての学生が隣接する飯塚病院で行います。遠方の施設に通う経済的、身体的負担がないため、看護実践能力を高める大事な学習に集中できます。また、実習が終わるごとに教員・臨地実習指導者・学生の三者間で実習内容についての振り返りや、課題などを話し合うことで、質の高い実習環境を実現しています。
2看護実践能力を高める
少人数クラス編制
本校では1クラス30名で看護教育を行っています。担任と学習担当教員が連携して学生指導にあたり、学生一人ひとりの特性に合わせたきめ細やかな指導体制をとることで、自己学習能力を着実に高めていくことを大切にしています。
学年担任を中心とした全教員 生活から学習まで、看護専門職者となる為のきめ細やかな指導とサポートを行います。 学習担当教員 本校独自の教育プログラムに基づき、学ぶ姿勢を身につけ、「自律した学習者への成長」をサポートします。学年担任と学習担当教員がお互いに学生の情報を共有
3多職種連携教育(IPE)の導入

「地域医療」の重要性が高まる中、IPE=医療・介護・福祉の専門職を育てる麻生専門学校の医療福祉系グループ校と連携した、一歩先行く人材育成教育を行っています。

カリキュラム

基礎分野
生命倫理学
心理学
情報科学
人間関係論
外国語(英語)
保健体育 ほか
専門基礎分野
解剖生理学
生化学
薬理学
病理学
微生物学
病態生理学
公衆衛生学
社会福祉と社会保障
関係法規 ほか
専門分野I
看護学概論
基礎看護技術
臨床看護技術
専門分野II
成人看護学
老年看護学
小児看護学
母性看護学
精神看護学
統合分野
在宅看護論
看護の統合と実践
臨地実習
飯塚病院(1,048床)
市町村保育園
市町村保健センター
地域包括支援センター
訪問看護ステーション
介護老人保健施設 ほか

1年次時間割例

スケジュール例
  • ※授業は全て50分です。
  • ※実際のスケジュールと異なる場合がございます。

講義

多彩な授業のなかで知識と技術、
社会人・医療人としての人間力を養います

看護の勉強は人の心と体を知ることから始まり、医学的知識、看護専門知識の習得へと進みます。本校では講義だけでなくアクティブ・ラーニングなどの多彩な授業方法で、知識はもちろんコミュニケーション能力、接遇など、看護師・社会人としての総合力を養っています。また、3年間を通じて習熟度別のグループ指導、個人指導を実施。その結果、全国屈指の高い合格実績を誇っています。

飯塚病院との連携

隣接する飯塚病院の医師や看護師による講義では、日々変化する医療現場の「今」を知り、現場で求められる知識・技術を学ぶことができます。

校内実習

教わり、学び、さらに習う
様々なケースに即した看護技術を習得

あらゆる看護場面に備えた校内の実習室で、基礎技術の習得を徹底します。看護実践能力強化を目的とし、1グループ4~5人の学生を1人の教員が担当。細やかな指導を受けることで、臨地実習に必要な基礎技術・知識を習得できます。

  • ベビーモデル人形を使った沐浴の練習
  • シミュレータによる採血
  • iPadを導入した実習授業

臨地実習

学んだことを隣接する病院で実践
総合力が試される大切な瞬間

臨地実習は主に隣接する飯塚病院で行います。
全国屈指の総合病院で、学校と病院(実習施設)が一体となった高度医療の実践能力を養う教育展開が可能です。

学校と隣接する飯塚病院との連携

臨床指導者と教員によるダブル指導

一般的に臨地実習の教育は、実習先の実習指導者に委ねられています。本校では病院が学校に隣接する強みを活かし、教員も日々実習先に赴きます。現場を熟知した実習指導者と看護教育の専門家である教員によるダブル指導という充実した実習環境です。

臨床指導者学習会の実施

実習指導者向けの学習会を本校主催で定期的に開催。看護師国家試験の出題傾向の分析を行い、実習指導者へフィードバックすることで、実習の場が国家試験対策の場にもなるような指導方法を共に確立しています。病院と学校が連携をとり実習を行っている本校ならではの強みです。

合格実績

毎年高い合格率を誇り、全国屈指の実績を残しています。
昨年度は、全員受験で全員合格を達成。

2020年合格率 全国平均 89.2% 100% (64名/64名 ※留学帰国者含む)

合格実績

就職実績

飯塚病院はもちろん、熊本大学医学部附属病院や
国立国際医療研究センター病院など、学生の希望や
特性に合った就職を実現しています。

就職実績

教員紹介

教員は全員が、『看護師として』臨床経験を有するプロ。
きめ細やかな指導と学校全体の連携で、看護師を目指す学生全員の夢をサポートしています。

西島 明日香
西島 明日香先生
学習担当教員
成人看護学
全教員で学生全員のサポートを心がけています。1年次から学生の成績等のデータを学習担当教員が分析し、それを基に全教員で討議し、一人ひとりの能力に合わせた学習サポートを行います。学生と教員がお互いに団結しながら高い目標をクリアしていき国家試験合格に向け学習します。時には厳しいこともありますが、ASOのサポートを最大限に活かして夢を掴んで欲しいと思います。
浅見 詩織
浅見 詩織先生
母性看護学
全教員で連携をとることで学生一人ひとりの表情を確認し、気になる学生がいれば早期に声掛けをし、授業面では、学習担当と担任が連携して、予習・復習の仕方やノートの取り方など、細かな学習方法のサポートを行っています。自分自身が日々成長できる素晴らしい看護師を一緒に目指しましょう。
上田 朋紀
上田 朋紀先生
精神看護学
校内実習では、1グループ4~5人の学生を担当教員1名が指導しています。学生一人ひとりがしっかりと技術を習得できることを常に心がけ、グループ実習の中においても個人に合わせて指導法を変えています。学生達は技術習得という目標達成に向け、一生懸命取り組み、日々努力を重ねて頑張っています。