麻生専門学校グループ

泰日工業大学の学生が福岡で短期留学

2018.04.25

タイの大学生が麻生塾で6週間の短期留学

 

泰日工業大学の学生のみなさん

泰日工業大学Thai-Nichi Institute of Technology )はタイ王国のバンコク・スワンルワン区に位置する“日本型ものづくり”を目指している工業系の学科が集まる大学。

多くの日本の有名大学と協定を進める中、麻生塾とも長年に渡り厚い提携関係を築いています。

 

毎年恒例となりましたが、ゴールデンウィークを挟んでの6週間、福岡キャンパス・国際交流センターの短期留学プログラムへの参加のために今年は1、2年生の学生たちが来日しました。

 

開校式から始まり、まずはデザイン系の体験授業で日本語で書かれた名刺を制作、麻生ビューティーカレッジを訪問して浴衣の着付けを体験、別の日には茶道・書道などの日本の伝統文化体験。

開校間もないASOポップカルチャー専門学校ではマンガ入門体験。

麻生情報ビジネス専門学校ではドローンを飛ばすためのプログラミングを学ぶなど、総合専門学校のさまざまな学部を体験しました。

もちろん、勉強ばかりではなく週末には足を伸ばして太宰府などの名所をリラックスして観光。

そして、短期留学の醍醐味である日本の学生(麻生塾の在校生)との交流会と、毎日充実したプログラムを過ごします。(ここで制作した日本語で名前が書かれた名刺が活躍します!)

 

麻生外語観光&製菓専門学校の海外ビジネス科や英語コミュニケーション科の学生をはじめ、GCB-Ⅲの海外研修でタイを訪問した経験をもつ学生など、交流会には多くの在校生が集まりました。

最終日には「発表会」の予定が組まれており、麻生塾で過ごした経験を成果としてまとめます。

 

この短期留学経験者の中から、麻生塾の「日本語科」に入学するために再び福岡に戻ってきてくれる学生が毎年数名います。
多くの外国人を受け入れている教育機関として、これほどうれしいことはありません。

交流会で知り合った在校生とも再会し、より深い友達になっていきます。

今年も泰日工業大学の短期留学生のみなさんによい出会いがあるといいですね。